会長挨拶

会長挨拶

大阪府工業協会の設立は昭和24年。戦後復興の時代に、官民をあげて大阪府下産業の振興と発展に寄与することを目的として発足しました。以来60有余年の長きにわたり、大阪府の商工振興施策推進に協力するとともに、会員が相互に協力して生産性の向上、技術力の強化、経営の合理化を図られるよう、人材育成の支援ならびに企業間交流の促進を基軸として、さまざまな事業を展開してまいりました。

平成24年からは、国の公益法人制度改革にもとづき公益社団法人に移行し、新たな歩みをはじめています。団体運営のあり方が問われるなかで、公益社団法人の認定を受けましたのは、当協会のこれまでの事業活動が評価された一方で、今後さらに広く産業界と企業の発展に貢献する使命を与えられたものと認識しております。

現在、会員は約1,200社にのぼり、その規模や業種・事業分野は多岐にわたっています。
さらに、会員事業所の所在地は大阪府下に限らず関西一円に広がっており、こうした層の厚い会員が、それぞれの特質を活かして交流や連携を深めることで、活発な協会運営を実現しています。

当協会では、企業がめまぐるしい経営環境の変化に適応されるよう、会員はもとより広く産業界に対して経営に役立つ情報を発信するとともに、経営基盤の強化、競争力向上を支援する事業を多角的に展開していく所存です。そして公益法人としての使命を銘記し、わが国産業の活性化に貢献すべく邁進してまいります。

トップに戻る