生産支援ロボット導入研究会

生産現場の少人化、自動化の流れのもと、ロボットの活用が再び注目を集めています。今までは、操作性や導入時のコスト、安全性の問題などで、なかなか導入までには至りませんでした。近年、ロボットの普及による低価格化、さらに目的に合わせ機能を限定したロボットの登場により、危険作業や重労働の作業改善ツールとして労働人口減少に対応することも可能です。本研究会では、AI搭載の協働ロボットやウエアラブルロボット、品質のばらつきをなくす検査ロボットなど、生産現場で活躍するロボット等を種類別に、活用事例やメリット、導入にあたって留意すべき点などを紹介します。さまざまな業種や作業で活用されているため、自社が抱える課題に近い事例が見つかるかもしれません。自動化の専門家をコーディネーターに招き、講演者と参加者との橋渡し役として議論を掘り下げます。参加者が抱える問題点から課題を抽出し、その解決策をアドバイスするなど、より理解を深めていただきます。

研究会要項

名称 生産支援ロボット導入研究会
開催日 2021年8月5日(木)~2022年3月10日(木)
開催時間 1回、5回 午後 1時30分~ 午後 4時30分
2,3,4,6,7,8回 午後 2時~ 午後 4時30分
開催場所 大阪府工業協会 研修室
定員/申込締切日 50名/2021年07月29日
価格(税込み) 88,000円(税込)
生産支援ロボット導入研究会スケジュール
内容 第1回
【双腕型ロボット】マルチタスクに対応する
内容 第2回
【直角座標式ロボット】繰り返し作業を強化する
内容 第3回
【垂直多関節ロボット】省人化、生産性向上を追求する
内容 第4回
【協働ロボット】人とロボットがともに働く
内容 第5回
【外観検査】省人化および労働生産性の改善に貢献する
内容 第6回
【パレタイズ&デパレタイズ】入出荷の効率化を図る
内容 第7回
【ピッキング】作業精度、作業の質を高める
内容 第8回
【搬送】搬送作業の効率を高める
内容 ※定員50名(定員に達し次第締め切ります)