物流(倉庫)作業標準化への挑戦

ピッキング、仕分け、検品、梱包…煩雑な作業をいかに効率化するか

セミナー内容

1.物流(倉庫)作業に不可欠な“標準化”
(1)物流現場における標準化の必要性

(2)標準化されていない物流現場の課題

(3)標準化により見込めるコスト削減効果
2.トラックへの積込み・積卸し作業の見直し
(1)作業時間の短縮とミスのない積込み

(2)作業負担を減らす効率的な積卸し手順
3. 物流センター、工場倉庫における入出荷・検品作業の標準化
(1)入荷検品

(2)入庫作業

(3)出庫作業

(4)出荷検品
4. 物流センター、工場倉庫における仕分け・ピッキング作業の標準化
(1)一次仕分け▶後続作業に負担等の生じない合理的な仕分け手順

(2)DAS仕分け▶マテハン機器の特性を理解したうえでその特性に合わせた手順

   DAS=デジタルアソートシステム

(3)リスト仕分け▶ピッキングリストによる仕分け作業の標準化

(4)正確な手順でミスなく、迅速なピッキングを行うために

   ●摘みとり式ピッキング●種まき式ピッキング
5. 物流センター、工場倉庫における梱包・荷役作業の標準化
(1)段ボールの活用

(2)パレットの活用

(3)コンテナの活用

(4)≪事例研究≫状況に応じた物流容器の改善

  ・才数を標準化した強化段ボールの導入で積載率アップ

  ・パレット荷役の改善と出荷物量の平準化

  ・コンテナの標準化による手待ち、荷待ちの削減…etc.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

セミナー要項

名称 物流(倉庫)作業標準化への挑戦
開催日 2021年7月29日(木)
開催時間 午前9時45分~午後4時45分
開催場所 大阪府工業協会 研修室
定員/申込締切日 50名/2021年07月27日
価格(税込み) 26,400円/31,900円