オンラインセミナー 『機械材料』基礎講座

よく使用される機械材料の基礎、適用事例について解説

セミナー内容

  1. 押さえておくべき機械材料の基礎

(1)機械材料の分類

(2)各種材料の特性

(3)各種材料の評価・試験方法

(4)材料ごとの価格レベル

 

  1. 鉄鋼材料の種類と特性

(1)炭素鋼(SS400、S45C、FC200 他)

(2)ステンレス鋼(SUS304 他)

(3)大量生産を可能にする鋳鉄(FC材とFCD材)

 

  1. 非鉄金属材料の種類と特性

(1)軽量化、機能美にメリットがある

      アルミニウムおよび合金

   (A1100、A2011、A2017、A2024 他)

(2)強度、加工性、耐食性に優れている

      銅および銅合金

   (C1100、C2801 他)

(3)強度、耐食性に優れる     

      チタンおよびチタン合金

(4)軽量性に優れるマグネシウム

      およびマグネシウム合金

 

  1. 非金属材料の種類と特性

(1)無機材料(セラミック、ガラス、セメント 他)

(2)有機材料(プラスチック、ゴム、木材 他)

 

  1. 複合材料の種類と特性

(1)金属系(FRM 他)

(2)プラスチック系(FRP 他)

 

  1. 機械材料設計のトラブル事例

 

 

【ご受講にあたっての注意事項】

  ・本セミナ―では、ビデオ会議ツール「Zoom」を使用します。

・ご受講の回線速度が30Mbps以下の場合動画・音声が乱れることがあります。視聴の乱れがある場合回線速度をご確認ください。

・カメラは必須です。カメラのついたデバイス(PCもしくはタブレット、携帯端末など)を受講人数分ご用意ください。

  ・受講時にご利用になる機器やシステムへのトラブルへの対応はいたしかねます。

  ・講師と同業の方など、当協会の判断によりご参加をお断りする場合がございます。

 

【ご受講にあたっての禁止事項】

  ・配信URLを他の方と共有、SNSなどで公開しないようお願いします。

  ・本セミナーを録画、録音すること、SNSなどへのアップを禁止いたします。

 

セミナー要項

名称 オンラインセミナー 『機械材料』基礎講座
開催日 2021年8月18日(水)
開催時間 午前9時45分~午後4時45分
開催場所 Zoom
定員/申込締切日 80名/2021年08月04日
価格(税込み) 26,400円/31,900円