• トップ
  • セミナー
  • オンラインセミナー 技術者、知財担当者に求められる「特許」実務知識

オンラインセミナー 技術者、知財担当者に求められる「特許」実務知識

セミナー内容

第1回 特許・知的財産の基礎知識(9/27)
第2回 特許調査とパテントマップの作成(10/18)
第3回 他社特許「有効範囲」を読むコツ(10/25)
第4回 特許権「侵害回避」のやり方(11/18)
※全4回まとめての申込ページです。各回の申込もございます。
第1回 特許・知的財産の基礎知識(9/27)  
(1)知的財産とは何か、きちんとおさえておこう
●知的財産権の種類 ●知財関連の侵害訴訟の概要
●実際にどのようなものが知的財産権で保護されているか
(2)特許の基礎知識
●特許、実用新案 ●職務発明 ●外国出願
(3)意匠・商標の基本、その他知的財産に関する知識
(4)製品・技術を保護する知的財産権の例
(5)権利を取得するには
第2回 特許調査とパテントマップの作成(10/18)
(1)特許調査の目的
何のために、どのように特許調査を行うのか
(2)特許公報の読み方
●特許公報の種類、記載事項  ●特許分類について
(3)J-PlatPatを利用した調査方法
(4)検索方針の検討プロセス
(5)パテントマップの作り方
第3回 他社特許「有効範囲」を読むコツ(10/25)
(1)何のために他社の特許明細書を読むのか
(2)特許請求範囲に記載されるクレームの基本
●独立クレームと従属クレームの関係 ●クレームと作用・効果との関係
(3)どのような視点で、他社の特許明細書を読むべきか
●自社発明の特許取得の可能性検討 ●他社特許の無効化の検討
●自社製品の他社特許抵触の検討 ●他社の特許戦略分析
(4)特許の狙いどころ
(5)特許明細書の正しい読み方マスター
第4回 特許権「侵害回避」のやり方(11/18)
(1)特許権侵害の基礎
●特許権の性質 ●特許権侵害とは何か
(2)侵害回避を考える際に知っておきたい特許の技術範囲
(3)他社特許権を回避する“迂回発明”の実例
(4)具体的な特許権侵害の回避方法
●ライセンス交渉戦略 ●特許権買い取り交渉
●他社特許権の無効理由の検討 etc.


【ご受講にあたっての注意事項】
・本セミナ―では、ビデオ会議ツール「Zoom」を使用します。
・ご受講の回線速度が30Mbps以下の場合動画・音声が乱れることがあります。視聴の乱れがある場合回線速度をご確認ください。
・カメラは必須です。カメラのついたデバイス(PCもしくはタブレット、携帯端末など)を受講人数分ご用意ください。
・受講時にご利用になる機器やシステムへのトラブルへの対応はいたしかねます。
・講師と同業の方など、当協会の判断によりご参加をお断りする場合がございます。

【ご受講にあたっての禁止事項】
・配信URLを他の方と共有、SNSなどで公開しないようお願いします。
・本セミナーを録画、録音すること、SNSなどへのアップを禁止いたします。

セミナー要項

名称 オンラインセミナー 技術者、知財担当者に求められる「特許」実務知識
開催日 2021年9月27日(月)~2021年11月8日(月)
開催時間 午後1時45分~午後4時45分
開催場所 Zoom
定員/申込締切日 80名/2021年9月16日
価格(税込み) 47,300円/60,500円