適切な「公差設計」実践ポイント

設計者が“やりがち”な、誤った公差設計を例に挙げて解説

セミナー内容

1.公差は製造コストを左右する
1.公差設計のメリット ①コストメリット ②品質改善 ③他社の検図
2.公差設計のPDCA
3.公差が製造現場にどのような影響を与えるか
2.公差設計の基礎
1.現場と設計では公差の認識が違う
2.公差の割り付け方(設計の意図と製造条件)
3.KKD(勘・経験・度胸)の公差はコストアップの大きな要因!?
4.公差設計の基礎(手計算による公差の事例)
5.公差設計実施時のポイント
6.事例から学ぶ公差の改善
3.適切な公差設計のポイント
1.公差の基準決め
2.公差の表示方式
3.寸法公差の記入方法17の原則をチェック☑
4.幾何公差の表示方法
5.データムの図示法
6.幾何公差のメリット
4.失敗しがちな(誤った)公差設計
1.設計者がやりがちな誤った公差設定
2.コストを意識した公差設定
3.公差による品質とばらつき
4.ばらつきの対策
5.≪基礎演習≫公差設計の手順
1.大きさの違う3つの部品の組み合わせによる公差
2.3つの同一部品で構成される部品の公差
3.様々な部品が組み合わさった際の公差
4.まとめ

セミナー要項

名称 適切な「公差設計」実践ポイント
開催日 2021年9月13日(月)
開催時間 午前9時45分~午後4時45分
開催場所 大阪府工業協会 研修室
定員/申込締切日 50名/2021年9月9日
価格(税込み) 26,400円/31,900円