品質不良の再発防止策

工程で発生するさまざまな不良・不具合…原因を徹底的に掘り下げて、再発を食い止めろ!

セミナー内容

ひとたび品質不良が発生すると、他の全てに優先してその対応に追われます。何とか問題が収まっ
ても今度はその時間のロスを取り戻すために忙しさに拍車がかかり、「不良の原因が何だったのか」
の追求がなされないまま時が経ち、また同じような不良が発生する。こんな悪循環は、キッパリと
断ち切りましょう。ではどうすれば・・・・? このセミナーで再発防止策を学んでください。
1.不良を出さない、繰り返さないための対策とは?
(1)品質問題の種類(設計・製造ミスによる不良、品質のバラつき等)
(2)品質管理と不良削減活動の基本と考え方
2.品質不良の原因究明プロセス
(1)問題解決の基本手順8ステップ
(2)事実を、できるだけ正確に把握する
(3)原因究明のための情報収集のポイント
3.不良原因究明のやり方
(1)再発防止のポイントは「真因」を突き止めること
(2)真因のつかみ方とその特徴
(3)簡単に取り組めるデータ分析のやり方
(4)【演習】パレート分析で管理・改善の目標を決定する
(5)【演習】特性要因図で要因の関連を知る
(6)【演習】なぜなぜ分析で不具合の真因を探る
4.再発防止の具体的な進め方
(1)標準を守らせるための管理(標準順守管理)
(2)異常管理
(3)変化点管理
(4)管理の「標準化」としくみの定着
5.「忘れた頃に再発する」を防ぐために
(1)常に持っておくべきは「QC的なモノの見方」と「三現主義の徹底」
(2)担当者がいなくなっても「生き続ける」しくみ・制度に更新し続ける
(3)しくみは完璧ではない。「考え続ける」ことが大事

セミナー要項

名称 品質不良の再発防止策
開催日 2021年9月8日(水)
開催時間 午前9時45分~午後4時45分
開催場所 大阪府工業協会 研修室
定員/申込締切日 50名/2021年9月6日
価格(税込み) 26,400円/31,900円