【図面の基礎 レベル1】 寸法公差の基本と使い方

設計意図を正しく伝える、寸法指示や公差の表し方

セミナー内容

設計者、CADオペレータ、トレーサーなど実務で図面を描く全ての方を対象に

最新のJISに基づく製図の基本作法を再確認しながら、

公差数値の決め方と図面での指示のしかたを学んでいただきます

1.寸法と寸法公差

〔1〕寸法と寸法公差

〔2〕実力診断テスト

〔3〕基準を明確にする寸法公差

〔4〕寸法公差部品の計測

≪演習≫ノギスとマイクロメータの目盛り読み取り

2.寸法公差の考え方と表面粗さ

〔1〕寸法公差の数値の決め方

〔2〕寸法公差の上限値と普通許容差

〔3〕公差域クラスの記号の意味を理解

〔4〕はめあい公差部品の計測

〔5〕面の肌記号の意味と表し方

≪演習≫公差域クラスの表の読み取り

3.組図から設計意図を読み取って図面を描く

〔1〕組図から部品図を読み取る

〔2〕最適な投影図と寸法基準の見極め

≪演習≫一緒に描いて、体で覚える寸法配列のリズム(順序)

4.公差検討の考え方

〔1〕単品内での寸法の累積

〔2〕複数部品間での寸法の累積

〔3〕実力確認テスト

★持参品

通常の筆記用具のほか、蛍光ペンと4色ボールペン、電卓(定規などは不要)

セミナー要項

名称 【図面の基礎 レベル1】 寸法公差の基本と使い方
開催日 2021年12月7日(火)
開催時間 午前9時45分 ~ 午後4時45分
開催場所 大阪府工業協会 研修室
定員/申込締切日 50名/2021年12月03日
価格(税込み) 26,400円/31,900円