製造異常・品質不良を防止するための4M変化点管理

4M変化点の管理に主眼を置き、品質管理・生産管理を行う方法

セミナー内容

1|QCDと4Mの関係を考える
(1) 生産管理の3要素  Q(品質)C(コスト)D(納期)の関係
(2) 生産活動の4要素  4M:Man・Machine・Material・Method
(3) 生産管理の思考方向  4M が起点でQCD へ影響
2|問題点の発生点 4M変化点管理とは
(1) 品質管理の基本  品質とは・品質管理とは
(2) 品質問題の事例  過去の事例に学ぶ
(3) 正常と異常と不良  不良品がずっと出ない。これって正常?
(4) 4M変化点管理の必要性  Man・Machine・Material・Methodの変化点に注意
3|4M変化点管理の手順
(1) 4M変化点の洗い出し  4M変化点の視点
(2) 4M変化点の優先順位付け  4M変化点を見る際に気を付けることは?
(3) 4M変化点の把握方法  "x" ̅-R管理
4|4M変化点視点での原因追及を行う問題解決手法
(1) なぜなぜ分析  4M変化点視点での原因追及を行う方法
(2) QC7つ道具  4M変化点視点でのQC7つ道具の使い方
5|4M変化点管理の具体的対応
(1) 標準化  4M変化点管理の基本は標準化 分かりやすい表現を使おう
× バルブをゆっくり閉める⇒◎ バルブを時計の秒針の速度で閉める
(2) 3S活動  3Sの本質を知ることで4M変化点を確認
(3) コスト計算  4M変化点におけるコスト計算の方法を知る
(4) ポカヨケ  集中力は何分保てる?変化点(失敗)をカバーする仕組みを作ろう

セミナー要項

名称 製造異常・品質不良を防止するための4M変化点管理
開催日 2021年10月21日(木)
開催時間 午前9時45分~午後4時45分
開催場所 大阪府工業協会 研修室
定員/申込締切日 50名/2021年10月19日
価格(税込み) 26,400円/31,900円