ムダな動作の排除・改善

現場リーダー強化プログラム 第3回

セミナー内容

➊ 日常に潜む現場のムダ発見
1) ムダを思い出してみる
●個人で、そしてグループでリストアップ
2) 頭で考えても思い出しても難しいのはなぜか?
3) ムダを探し出すための、チェックリスト活用のやり方
●写真よりもイラストの方がわかりやすい!?
➋ 動作経済の4原則からのヒント
1) 動作の数を減らす、同時に行う、距離を短く、楽にする
2) さらに細かく観る
●足  ●手  ●眼  ●モノ  ●機械・設備 
3) 作業姿勢(エルゴノミー)評価表を使ったムダ発見のやり方
➌ コンセプト評価表を使ったムダ発見の着眼点
1) 組立・調整・検査ラインの工程を12項目に細分化する
2) 各項目を「0」「1」「2」「3」の4段階評価にランク分けする
  例: 0=全くダメ、1=ダメ、2=まあ良い、3=良い
3) 1つの工程を12項目で当てはまるものすべてを評価
4) ライン全体を100点満点で指数評価
➍ 時間観察でムダを発見する標準作業ツール
1) 標準というモノサシを使ってムダや異常を発見
2) 標準作業の6つのツールの紹介
●時間観察用紙  ●標準作業票 ... etc.
3) 実際に時間観察をしてみよう
●時間のバラツキがムダを顕在化させる
4) ワイガヤ方式で問題点と改善点を出し合う
➎ アイデア出しに困った時のヒント
1) 絵とき30のヒントの解説
2) コストを意識してみる
例:1歩≒1m≒1秒≒1円、人の分チャージ、1㎡/月
3) 身近な改善事例の紹介
例:製造ラインのムダの列記、間接部門のロス一覧表

セミナー要項

名称 ムダな動作の排除・改善
開催日 2021年12月18日(土)
開催時間 午前9時30分~午後4時30分
開催場所 大阪府工業協会 研修室
定員/申込締切日 50名/2021年12月18日
価格(税込み) 26,400円/31,900円