『機械材料』 基礎講座

よく使用される機械材料の基礎、適用事例について解説

セミナー内容

1.押さえておくべき機械材料の基礎
(1)機械材料の分類
(2)各種材料の特性
(3)各種材料の評価・試験方法
(4)材料ごとの価格レベル
2.鉄鋼材料の種類と特性
(1)炭素鋼(SS400、S45C 他)
(2)ステンレス鋼(SUS304 他)
(3)大量生産を可能にする鋳鉄(FC材とFCD材)
3.非鉄金属材料の種類と特性
(1)軽量化、機能美にメリットがあるアルミニウムおよび合金(A1100、A2011、A2017、A2024 他)
(2)強度、加工性、耐食性に優れている銅および銅合金(C1100、C2801 他)
(3)強度、耐食性に優れるチタンおよびチタン合金
(4)軽量性に優れるマグネシウムおよびマグネシウム合金
4.非金属材料の種類と特性
(1)無機材料(セラミック、ガラス、セメント 他)
(2)有機材料(プラスチック、ゴム、木材 他)
5.複合材料の種類と特性
(1)金属系(FRM 他)
(2)プラスチック系(FRP 他)
6.機械材料設計のトラブル事例

セミナー要項

名称 『機械材料』 基礎講座
開催日 2021年11月30日(火)
開催時間 午前9時45分~午後4時45分
開催場所 大阪府工業協会 研修室
定員/申込締切日 50名/2021年11月26日
価格(税込み) 26,400円/31,900円