• トップ
  • セミナー
  • 機械設備の日常保全(機械と電気の両面から日常保全を学ぶ)

機械設備の日常保全(機械と電気の両面から日常保全を学ぶ)

「エアー/油漏れ」「ネジの緩み」「センサー異常」など...機械設備の点検ポイントをおさえた研修です 【2日間コース】

セミナー内容

【セミナー詳細】

1.そもそも故障は、なぜ起こる?「変化」を見つけよう

(1) 「故障」と「故障予備軍」設備は必ず劣化する!

(2) 設備の劣化曲線と4つのパターン(4) 設備を壊した! 5つの「人」の要因

(3) 設備が壊れた! 3つの「設備」の要因

(4) 設備を壊した! 5つの「人」の要因

2.現場で行う機械設備の日常保全の考え方

(1) 機械設備の隠れた欠陥を探し出せ!悪玉微小欠陥と慢性現象

(2) 保全の3つの基本要素〜「信頼性」「網羅性」「経済性」のバランスをとる

(3) 保全活動の2つの種類〜「計画的保全」と「日常保全」

(4)機械設備の「日常保全」って、何をするの?〜4つの行動「防止」「測定」「復元」「設計」

(5)データを採る!データマネジメントの重要性

3.潤滑の基本として、これだけは知っておこう

(1)「潤滑」の基礎知識

(2)「潤滑油」の種類と特徴

(3)「グリース」の種類と特徴

4.機械設備からの「漏れ」を見逃すな!エアー漏れ、油漏れetc.

(1) 機械の仕組みと「漏れ」の関係・・・漏れは、なぜ、どこで発生するの?

(2)「エアー漏れ」を見逃すな!

(3)「油漏れ」を見逃すな!

(4)「蒸気」「スラリー」の漏れを見逃すな!

5.機械設備の「ねじ」の緩みを見逃すな!

(1) 一般的な「ねじ」の種類

(2) ねじは、なぜ締まるのか?

(3) 緩みの見つけ方と「Iマーク」の目的・効果緩むのか?

(4) ねじの緩み止め

6.振動・回転・摩耗を管理する

(1) なぜ、振動が起こるのか?

(2) 異常な回転が起こる原因

(3) 振動の測り方

(4) 摩耗とは?摩耗しやすい機械部品とは?

(5) ブレーキパッドの管理と点検ポイント

(6) Vベルト/各種ベルト類の管理と点検ポイント

7.メンテナンスに必要な電気の基礎知識

(1) 「電位」「電圧」「起電力」「抵抗」「電流」「磁気」について、知っておくべきこと

(2) アンペアーの右ねじの法則、フレミングの左手の法則、自己誘電/相互誘電

(3) 電気回路と保護装置・・・サーマルリレー、ヒューズ、漏電遮断器の役割とメカニズム

(4) 電線・ケーブルの種類、それらの使用時の注意点と日常の点検ポイント

(5)機械設備が急に停止した!短絡か?過負荷か?断線か?・・・いち早く復旧するための確認ポイント

(6) 電気絶縁の維持と接地(アース)

(7) 感電に対する正しい知識

8.電動機の日常保全ポイント

(1) 電動機の種類、それぞれの構造と動作原理(3) 電動機故障の実態と月次点検、年次点検ポイント

(2) 負荷装置側の特性と電動機の仕様(4) 電動機の温度管理

9.異常を検知する 「 センサー 」 を使いこなす

(1) センサー/検出スイッチの役割と用途

(2)「接触型検出スイッチ」「非接触型検出スイッチ」の種類と特徴

(3) リミットスイッチのよくある故障、故障を未然に防ぐ具体的対策

(4) 近接スイッチ/光電スイッチ/温度スイッチの日常点検ポイント

10.現場 オペレータ のための電気計測 のポイント

(1) 安全の第一歩は、正しい計測方法から!

(2)「テスター」「検相器」の構造、測定の前準備、正しい使い方

(3)「絶縁抵抗計」「接地抵抗計」の構造、測定の前準備、正しい使い方

セミナー要項

名称 機械設備の日常保全(機械と電気の両面から日常保全を学ぶ)
開催日 2021年10月25日(月)・2021年10月26日(火)
開催時間 午前9時45分~午後4時45分
開催場所 大阪府工業協会 研修室
定員/申込締切日 50名/2021年10月20日
価格(税込み) 40,700円/51,700円