• トップ
  • セミナー
  • オンラインセミナー 電気の超基本を学ぶ新入社員・中途入社社員ものづくり技術講座(全3回)

オンラインセミナー 電気の超基本を学ぶ新入社員・中途入社社員ものづくり技術講座(全3回)

製品や仕事内容が何となくわかりはじめた今のタイミングで学ぶのが効果的です!

セミナー内容

 
26日満席のため下記の通り日程を変更いたします。
1電気の基本と電気機器(10/27)
私たちの日々の生活に、電気は欠かせない存在となっています。この講座では、電気がどのような性質を持ち、どのような法則があるのかを基礎知識として学びます。さらに、電気の性質を応用して動力を生み出す電気機器について学びます。この講座を通して、日々の生活に限らず日本や世界全体で電気がどのように利用されているか、基本的な法則を土台として理解することができるようになります。

1. 電気に関する基礎知識を身に付ける
〇電気の根源「電荷」
〇電荷が動くと「電流」
〇電荷を動かすエネルギー「電圧」
〇電圧と電流を結ぶ「抵抗」と「オームの法則」
〇電気エネルギー
〇電気と磁気
〇直流と交流
〇有効電力、無効電力、力率
2. 電気回路に使われる機器の役割と使い方を覚えておこう
〇トランス(変圧器)
〇アース(接地)
〇ブレーカ(遮断器)、電磁接触器、ヒューズ
〇交流発電機(同期発電機)
〇交流電動機(誘導電動機・同期電動機)
〇直流発電機 と 直流電動機
〇電動機の制御:界磁制御/比例推移 VVVF
〇発電機の制御:連系の難しさ
2制御機器の役割と使い方(10/28)
電気を利用する際、電気単独で扱うことはほとんど不可能です。そこで、電気エネルギーを他のエネルギーに変換する「負荷」が多種多様に発明されました。また、負荷を上手に利用するための「制御機器」も同様に発達しました。この講座では、負荷を扱うために必要な制御機器について学びます。同時に、実際の現場や電化製品に求められる安全性と規格について理解します。

1.頻出する4つの制御機器
それぞれの役割と使い方を覚えておこう
〇電源:回路図には描かれていないけれど重要
〇負荷:無数の種類の負荷がある
〇スイッチ:用途に合わせて様々なものがある
〇リレー:制御の要
2. センサーについて理解を深める
〇センサーとは
〇感度と精度
〇センサーの選び方
〇変位センサー
〇温度センサー
〇光センサー
〇センサーの限界

3. 制御機器の安全性と規格
〇生産性と安全性
〇製造物責任法と電気用品安全法
〇日本の規格と国際規格
3制御の基本とPLC(10/29)
工場や生産現場、日常の電化製品では、電気を利用することによって機械装置の自動化や効率化が行われています。そのためには電気を人間の思い通りに「制御」することが必要となります。この講座では、電気制御の基本と制御回路について学びます。具体的な電化製品がどのように制御されているかを解説し、工場や生産現場における実地での知識につなげます。

1. 制御とは?基本を身につけよう
〇歴史を紐解こう:産業革命を思い出すと
〇自動化とシーケンス制御
〇規格と図記号が必要なワケ

2. 回路を読む、回路を描くトレーニング
〇リレーの扱い方
〇自己保持回路:掃除機のON ・ OFF
〇順序動作回路:給水ポット
〇タイマーの扱い方
〇一定時間動作回路:洗面所の自動給水装置
〇交互繰り返し回路:信号機の点滅

3. プログラマブルロジックコントローラ(PLC)
〇リレー回路の限界
〇安全性と信頼性
〇PLC の基本構成
〇ラダー図
〇簡単なプログラム例
〇PLC の規格

【ご受講にあたっての注意事項】
・本セミナ―では、ビデオ会議ツール「Zoom」を使用します。
・ご受講の回線速度が30Mbps以下の場合動画・音声が乱れることがあります。視聴の乱れがある場合回線速度をご確認ください。
・カメラは必須です。カメラのついたデバイス(PCもしくはタブレット、携帯端末など)を受講人数分ご用意ください。
・受講時にご利用になる機器やシステムへのトラブルへの対応はいたしかねます。
・講師と同業の方など、当協会の判断によりご参加をお断りする場合がございます。

【ご受講にあたっての禁止事項】
・配信URLを他の方と共有、SNSなどで公開しないようお願いします。
・本セミナーを録画、録音すること、SNSなどへのアップを禁止いたします。

セミナー要項

名称 オンラインセミナー 電気の超基本を学ぶ新入社員・中途入社社員ものづくり技術講座(全3回)
開催日 2021年10月27日(水)~2021年10月29日(金)
開催時間 午前9時45分~午後4時45分
開催場所 Zoom
定員/申込締切日 80名/2021年10月20日
価格(税込み) 72,600円/89,100円