取引担当者が知っておきたい下請法の知識

下請法の適用される場面や主要なルールを理解する

セミナー内容

近年、下請法(下請代金支払遅延等防止法)については、公正取引委員会と中小企業庁による違反への指導件数が増加傾向にあります。仮に下請法違反として社名が公表されてしまうと、企業活動に重大なダメージ与えるため、購買・調達担当者は、下請法が求める基準を正確に把握し、下請法特有の留意点を確実に押さえるとともに、それに遵守した行動をすることが求められます。
本セミナーでは、行政機関や弁護士の立場からでなく、企業の実務者として携わった講師が、価格交渉を行う上で知っておきたいルールについて、誤解しやすいポイントを含め具体的に解説いたします。

1.下請法の概要 ~価格交渉を行う上で知っておきたい規制~
(1)下請法の概要
(2)下請法の規制対象になる取引(資本区分と取引区分)
(3)親事業者が守らなくてはならない4つの義務
(4)親事業者に禁止されている11の行為
2.下請法違反を問われた事例
(1)過去に公正取引委員会より違反勧告を受けた企業事例
(2)下請法をめぐる最新動向
3.下請法違反にならない価格交渉の進め方
(1)知っておきたい価格交渉の知識
(2)買いたたきと原価低減の違いとは
(3)原価低減を行うテクニック
4.売り手側(下請事業者)からの下請法
(1)当局が下請事業者に対して行う指導と調査の内容
(2)下請かけこみ寺と下請Gメンの活用
5.もしも下請法違反と摘発されたら
(1)公正取引委員会などの調査と立入検査
(2)立入調査で困らないための日常活動

セミナー要項

名称 取引担当者が知っておきたい下請法の知識
開催日 2021年10月6日(水)
開催時間 午前9時45分~午後4時45分
開催場所 大阪府工業協会 研修室
定員/申込締切日 50名/2021年10月4日
価格(税込み) 26,400円(会員)/31,900円(非会員)