化学物質を扱う工場の安全総点検

事例ごとの具体策と未然防止のための組織づくりノウハウを解説します

セミナー内容

化学物質を扱う現場の「安全対策」、改めて見直しませんか?
今年も、化学工場での災害が多く報道されています。化学物質を扱う現場では、従来から様々な安全対策が取られてはいますが、それでも毎年各地で事故は発生しています。目に見えない現象も多いため、ふとしたはずみにとった行動が引き金となったり、対処が場当たり的になりがちなことも、災害がなくならない一因と言えます。そこで今回のセミナーでは、経験豊富な講師が実際の事例を挙げながら、化学工場における事故メカニズムから重要な管理ポイント、ハード面・ソフト面の対策までを具体的に解説します。安全対策の見直しにぜひお役立てください。

❶ 化学工場における「安全」とは
1.労働安全・労働環境安全・安全の基本
2.化学物質取扱い時の安全に関する留意点
❷ 化学工場における災害の事例研究と防止策
1.墜落・転落、転倒、激突、飛来・落下等
2.挟まれ、巻き込まれ、切る・こすれ、踏み抜き、おぼれ
3.高温・低温物との接触、薬傷、酸欠、中毒
4.感電、無理な動作、熱中症
❸ 特に気をつけたい静電気事故防止の具体策
1.実際に起きた事故の例から見る、静電気が引き起こすトラブル
2.放電による着火のしくみと、ガス・蒸気・粉体着火の危険性
3.誘導帯電の概要・作業床の条件と静電気測定技術
4.静電気事故対策① 作業者の帯電防止・接地
5.静電気事故対策② 接地・ボンディング 
6.静電気事故対策③ 爆発性雰囲気の防止、浮遊導体・不導体の排除、不導体の静電気対策
➍ 未然防止のための安全管理と組織づくり
1.化学工場のリスクアセスメント
2. 事故ゼロに向けての教育とリスクコミュニケーション

セミナー要項

名称 化学物質を扱う工場の安全総点検
開催日 2021年11月10日(水)
開催時間 午前9時45分~午後4時45分
開催場所 大阪府工業協会 研修室
定員/申込締切日 50名/2021年11月8日
価格(税込み) 26,400円(会員)/31,900円(非会員)