プレス金型 保全の進め方

現場でできる金型の保全方法を学ぶ 製品不良を減らし、金型の寿命を延ばす

セミナー内容

プレス加工に使用する金型は決して安いものではないため、不具合が出たからといって、新しい金型を発注することはできません。そのためには、適切なメンテナンスを行う必要がありますが、標準的な手順がないため適切な作業ができていないと悩んでいる企業は多いかと思います。そこで本セミナーでは現場でできる金型保全の進め方について解説いたします。メンテナンスを適切に行えば、反りやバリ、キズ、打痕といった不良を減らすことは可能です。明日から実行できる具体策を学んでください。
(1)プレス現場での品質管理
1. 品質方針、品質管理規定
2. 品質管理項目の設定と実施例
3. 3ゼロ、3ない、3H活動
(2)金型段取り替え・タイミング設定の基本
1. 金型段取り替え手順と確認ポイント
2. 段取り替えを早めるために必要なこと ~タイミングチャートの作成
3. 金型段取り替え時間の短縮事例
(3)プレス加工のトラブルと金型との関連
1.相関図の作成(トラブルの原因を探る)
2.製品欠陥と対策                
3.トラブル原因と対策
4.カス上がりの原因と対策
5.金型磨耗と再研削 
(4)金型保全の効率的な進め方
1.金型保全の概要
2.金型保全の仕組み
3.金型保全の運用
4.金型保全の事例紹介
(5)金型を壊さないために必要な検知装置の知識
1.材料送り異常の検出
2.金型内異常の検出
3.排出異常の検出
(6)設備点検の進め方
1.設備点検とは
2.設備点検表を作成する上での注意点

セミナー要項

名称 プレス金型 保全の進め方
開催日 2021年11月4日(木)
開催時間 午前9時45分~午後4時45分
開催場所 大阪府工業協会 研修室
定員/申込締切日 50名/2021年11月1日
価格(税込み) 26,400円(会員)/31,900円(非会員)