図面から加工コストを見積もる力

言い値であきらめるのではなく、自分でコストを見積もれる力を身に付けましょう!

セミナー内容

設計・購買担当者の皆さん、図面を出して、加工業者から見積が出た時、その見積に「なんとなく高いなぁ。」と疑問を持ったことはありませんか?さらに、「この加工だと妥当な金額だと思いますよ。」と言われ、反論の手立てがないといったことも・・・。そこで、図面を見て、加工コストを見積もる力を身に付けてみてはいかがでしょう。そうすれば、加工業者とも価格交渉することができ、コストダウンにつながる可能性もあります。本セミナーでは加工の細かい話は抜きにして、設計・購買担当者の方が、コスト(材料費・加工費・経費)を見積もることができるよう、解説いたします。設計・購買担当者だけではなく、営業の方にも役立つ内容となっています。
1.製品に占める調達コストを考える
1-1 利益獲得の仕組み 売上高と費用の関係を整理する
1-2 第3の利益 利益を増やすための3つの方法をまとめる
1-3 取引に必要な見積書の意味 見積書の重要性を理解しているだろうか?
1-4 原価計算とコスト見積の違い 実務で用いられているのはコスト見積である
1-5 原価管理の起点になる見積原価 管理サイクルを回すための原価計画が見積原価である
2.コスト見積のすすめ方
2-1 いろいろあるコスト見積方法 さまざまな見積方法とそれぞれの目的を考える
2-2 見積をするために必要な情報 信頼できる見積には、コスト基準が必要である
3.見積に必要な要素とその計算方法(演習)
3-1 材料費の求め方 材料費を求める手順と、必要な構成要素
3-2 加工費率の求め方 単位時間あたりの加工費(機械加工・板金・射出成形など)を求める手順と、必要な構成要素
3-3 所要時間(加工時間)の求め方 所要時間を求める手順と必要な構成要素
3-4 諸経費の求め方 製品ごとに関連付けしにくい要素と求める手順
3-5 見積事例の紹介 サンプル図面をもとにExcelで具体的な見積事例を紹介
4.調達品のコストダウン
4-1 加工品のコストダウンのすすめ方 加工品見積時の留意点
4-2 差額解析のすすめ方 見積原価と実績原価を整理する
4-3 購入品のコストダウンのすすめ方 
  a.仕様書にある条件 何を購入したいのかを理解する
  b.購入先の情報とは? 購入品目の市場や購入ルートなどを知っているか
5.開発購買のすすめ方
5-1 コンカレント・エンジニアリングの推進 目標原価の実現に向けた組織を作る
5-2 開発購買担当による開発支援 外部のコスト情報を提供できる購買部門

セミナー要項

名称 図面から加工コストを見積もる力
開催日 2021年12月3日(金)
開催時間 午前9時45分~午後4時45分
開催場所 大阪府工業協会 研修室 
定員/申込締切日 50名/2021年12月1日
価格(税込み) 26,400円(会員)/31,900円(非会員)