図面チェックの進め方

検図チェックシートの作り方と有効活用

セミナー内容

「図面の寸法誤りで不良品を出した!」― 軸径φ30をφ20で指示したり、ねじ穴の寸法M3をM5で指示したり、公差や仕上げ記号を書き忘れたり。このような経験は製図をしている方なら、誰でもあることではないでしょうか。出来の悪い図面は、部品の作り直しや余計な追加作業を招き、せっかくの利益を食いつぶします。製図は人間が行っている作業ですので、うっかり見逃しや計算ミス、思い過ごしによるミスが介在します。そのようなミスを防ぐためにも、まずは製図者自身がきちんと検図を行う必要があります。検図を行う際のポイントは、思い込みを排除して、いかに客観的に行えるかという点にあります。客観性を確保するにはチェックシートに基づいて検図を行うことが有効です。チェックシートをどのように作成し活用すれば図面の不良を極力減らせるか?講師の実体験をもとに、新人・若手設計者の視点でチェックシートの作成と活用のノウハウを解説します。もちろん、検印・承認する立場の上位者にもお勧めの研修です。
1. 検図における基本的な考え方
(1) 検図の重要性と目的  
(2) ミスの原因・種類・防止策
(3) 検図作業で必要な知識
(4) 最も重要なものはセルフチェック
2. 検図でチェックリストは必須アイテム
(1) チェックリストの役割  
(2) チェックリストは自前が基本
(3) 検図のタイミング
(4) 単純、簡単、明快なリストにすること
3. チェックシートで図面のミスを防止しよう
(1) チェックリストにおける『良い設問』『適さない設問』
(2) より効果があがる検図チェック項目
(3) 現場と同じ目線で考えるチェックリストとは?
4. 検図チェックシートの作り方 (チェックリストのPDCA)
PLAN(計画・作成)
・『うっかりミス』…が発生する要因、それを防ぐチェック項目 指示ミス/記入漏れ/計算ミス/数量間違い・・・
・『仕様の見落とし』…が発生する要因、それを防ぐチェック項目
・『部品干渉』…が発生する要因、それを防ぐチェック項目   
・『寸法/幾何公差』…間違いが発生する要因、それを防ぐチェック項目
・『購入部品』『材料選定』…間違いが発生する要因、それを防ぐチェック項目
・『形状不備』『組付不良』…が発生する要因、それを防ぐチェック項目
DO(実行)  チェックシートの運用テクニック
CHECK(確認) ミスが発生した履歴を残す / チェックリストで進む標準化
ACT(改善)  チェックリストの効果を検証する / 再発防止のための改善
5. チェックシートの有効活用法
(1) チェックシートの上手な使い方の手順
(2) 検図漏れが発覚した場合の対応
(3) 自信を持ってミスのない図面を出そう 
(4) 演習 実際にチェックシートを活用してみよう

セミナー要項

名称 図面チェックの進め方
開催日 2021年12月15日(水)
開催時間 午前9時45分~午後4時45分
開催場所 大阪府工業協会 研修室
定員/申込締切日 50名/2021年12月13日
価格(税込み) 26,400円(会員)/31,900円(非会員)