検査業務 効果的な進め方

不良ゼロ・クレームゼロは検査が決め手です。

セミナー内容

工場では様々な検査工程が存在します。それぞれ検査の項目や検査に求められる精度も異なります。ま
た、全数検査か抜取検査か、検査業務をムダなく効果的に進めるにはどうすれば良いのかなども考えなけ
ればいけません。本研修では、不良品を出さない効果的な検査業務の進め方について解説します。品質管
理・品質保証部門、検査工程の担当者はもちろん、管理者の方にも是非知っておいていただきたい内容で
す。
1製品の品質信頼性を保証する 検査の正しい考え方
(1)品質保証の中での「検査」の位置づけ
(2)「検査」にはどのような種類・方法があるか
演習 なぜ「ばらつき」が発生するのか?
2不良品を工程内に入れない 『受入検査』 の進め方
(1)受入検査の目的と検査の種類
(2)取引先の評価選定、品質管理状況監視のやり方
(3)受入検査結果に基づく効果的な品質改善の進め方
3『工程検査』 と 『製品検査』 の効果的な進め方
(1)現状の「工程検査」「製品検査」に潜む問題点
(2)工程検査と製品検査の目的と、検査の種類
(3)ラインクレーム、ユーザークレームの管理
4目標品質を実現する 『検査計画』 の立て方
(1)何を、どういうやり方で、どのような手順で検査するのか
(2)検査計画は品質保証と5W1Hに沿って立てる
(3)QC工程表を用いて進める「検査部門」と「他部門」の管理
演習 「ばらつき」の見方、品質要因の捉え方
5『全数検査』 と 『抜取検査』 の効果的な進め方
(1)どのような場合に全数検査を適用するか?
・工程能力と全数検査の関連 ・全数検査の意義と適用事例
(2)抜取検査を行う条件と検査の計画と管理
・抜取検査の考え方 ・「検査」特性曲線と抜取方式
・主な抜取方式 ・抜取方法の統計的検討
・不適合ロットの処置
6検査を上手く実施するために
(1)検査項目と検査方式選定の着眼点
(2)検査の標準化、変更点管理の関係
(3)特採・異常品の処置と検査部門の対応
(4)検査データの上手な管理と活用
演習 特性に対する要因を洗い出す方法を体験

セミナー要項

名称 検査業務 効果的な進め方
開催日 2022年1月18日(火)
開催時間 午前9時45分~午後4時45分
開催場所 大阪府工業協会 研修室
定員/申込締切日 50名/2022年1月14日
価格(税込み) 26,400円(会員)/31,900円(非会員)