総務担当者の年間業務カレンダー

総務部門は会社の要!円滑に仕事を進めましょう!

セミナー内容

企業の要である総務部門は全社を横断する幅広い業務を手掛けていますが、その中には時期が決まった
ものも少なくありません。そういった業務については、1年間の流れをイメージし計画を立てておくこと
が、仕事をスムーズに進める上で大変重要です。このセミナーでは、総務部門の業務をカレンダー形式で
まとめ、1年間の流れを順序立てて学んでいきます。俯瞰的な視点で、総務部門の業務の全体像を理解し
ていただくために適したセミナーです。
1.総務部門への期待と役割
【1】総務部門は会社を支える屋台骨
【2】年間計画を立てておくことで、全ての仕事を円滑に進める
2.総務部門の年間業務の流れと概要
【4月】●新入社員の受け入れ ●社会保険料の確認
    ●労働者死傷病報告書の提出 ●決算書類の作成
    ●人事異動の発令、年次有給休暇の繰り越し確認等

【5月】 ●住民税(特別徴収)の確認 ●障害者雇用納付金の申告期限
     ●冷房設備の整備・点検、衣替え準備など

【6月】 ●労働保険年度更新の提出・納付
     ●夏季賞与査定、賞与支払届提出 ●お中元、暑中見舞いなど

【7月】 ●源泉所得税の特例納付(1~6月分)
     ●高年齢者雇用状況報告書及び障害者雇用状況報告書の提出
     ●社会保険の算定基礎届の提出

【8月】 ●比較的手すきの8月にやっておきたいこと

【9月】 ●社会保険料の標準報酬月額(等級)の確認
     ●年次有給休暇、時間外労働の状況確認

【10月】 ●継続・有期事業概算保険料延納額の支払(第2期分) ※口座振替しない場合
     ●上半期事業計画の修正、健康診断など

【11月】 ●継続・有期事業概算保険料延納額の支払(第2期分) ※口座振替する場合
     ●防災訓練、安全教育など ●年末調整の準備

【12月】 ●年末調整 ●賞与支払届の提出
     ●年賀状の送付、年末年始の準備

【1月】 ●源泉所得税の特例納付(7~12月分)
     ●法定調書提出(源泉徴収票・報酬等支払調書・法定調書合計表)
     ●市区町村への給与支払報告書の提出

【2月】 ●新年度に向けた諸々策定(経営計画、予算、社員教育等)
     ●新年度稼働日カレンダーの策定 ●人事異動、昇格予定者の決定
     ●じん肺健康管理実施状況報告書 ●有期契約労働者の更新判断

【3月】 ●社会保険料(健康保険料・介護保険料)の確認
     ●三六協定の更新、届出 ●人事考課

セミナー要項

名称 総務担当者の年間業務カレンダー
開催日 2022年2月9日(水)
開催時間 午後1時15分~午後4時45分
開催場所 大阪府工業協会 研修室
定員/申込締切日 50名/2022年2月7日
価格(税込み) 22,000円(会員)/25,300円(非会員)