プラスチック成形加工 基礎知識と不良対策

成形現場における18の不良パターンとそれぞれの対策

セミナー内容

1.プラスチック成形不良の概要
(1)成形品不良とその種類
(2)成形品の主な不良要因
2.プラスチック材料の基本と種類
(1)プラスチックの基本
・熱可塑性と熱硬化性の違い
・結晶性と非晶性の違い など
・プラスチックの選択ポイント
(2)プラスチックの種類
・汎用、エンプラ、スーパーエンプラなど
・代表的なプラスチックの特性
3.射出成形の基本と原理
(1)射出成形技術の基本
(2)可塑化・計量工程
(3)射出充填工程
(4)保圧・冷却工程
(5)取出し工程
4.成形不良18パターンに学ぶ不良対策
(1)バリ (2)ショートショット (3)ひけ(シンクマーク) (4)反り・変形
(5)ウェルドライン (6)フローマーク (7)ジェッティング (8)気泡(ボイド)
(9)シルバーストリーク (10)ガス焼け (11)樹脂焼け (12)黒点
(13)光沢不良 (14)白化(クラッキング) (15)すり傷 (16)金型取られ
(17)真空密着 (18)寸法不良
5.製品設計のポイント
(1)寸法不良を考慮した製品設計
(2)変形、そりを考慮した製品設計
(3)外観不良を考慮した製品設計
6.金型設計のポイント
(1)金型構造の基本
(2)ゲート周りの設計
(3)ガスベントの考え方
(4)その他 成形品の離型など

セミナー要項

名称 プラスチック成形加工 基礎知識と不良対策
開催日 2022年2月9日(水)
開催時間 午前9時45分~午後4時45分
開催場所 大阪府工業協会 研修室
定員/申込締切日 50名/2022年2月7日
価格(税込み) 26,400円(会員)/31,900円(非会員)