お電話・FAXでのお問い合わせ

  • TEL:06-6251-1138
  • FAX:06-6245-9926
  • MAP
  • メール
  1. ホーム
  2. 研究会・人材育成
  3. オンラインセミナー RoHS指令・REACH規則

研究会・人材育成

オンラインセミナー RoHS指令・REACH規則 1日で学ぶ 基礎知識と対応のポイント

  • セミナー・講習会
  • 安全・環境
  • オンラインセミナー
  • 平日の開催
  • 2020年12月
開催日 2020年12月10日(木)
開催時間 午前9時45分 ~ 午後4時45分
開催場所 Zoom
申込締切日 2020/12/08
会員価格(税込み) 26,400円 (会員)
非会員価格(税込み) 31,900円 (非会員)

1.厳しさを増す化学物質規制への対応を!

  (1)RoHSⅡ指令に対する日本企業の現状および問題点

  (2)化学物質規制に関する世界的な潮流

  (3)RoHSⅡ指令に取り組むに当たって

 

  2.RoHS指令とは

  (1)電気・電子機器に含まれる特定有害物質の使用制限

  (2)RoHSⅡ指令の対象となる製品カテゴリー

  (3)従来からの制限物質 

  (4)RoHSⅡ指令で追加された4つのフタル酸エステルとは

  (5)適用が除外される有害物質や金属材料

  (6)WEEE、CEマーキングとの関係

 

   3.RoHS指令とは

  (1)自社製品のうちどれが該当するかの判断

  (2)製品開発段階で考える使用物質の環境影響

  (3)サプライチェーン間での環境対応

  (4)4M変更の際の注意点

  (5)海外からの調達部品に対するリスク対策

  (6)代替材料への切り替え検討

 

  4.RoHS指令対応のカギは技術文書の作成

  (1)商品構成図、BOM(Bills of Materials)の作成

  (2)必要な情報の収集 

  (3)準備するドキュメント

  (4)集めた情報の評価 (RoHSⅡリスクアセスメント評価)

  (5)サプライヤへの環境監査と源流管理

 

  5.REACH規則の基本と最新動向

  (1)RoHS指令とREACH規則、何が違うのか

  (2)REACH規則の概要、特徴

  (3)登録~評価~認可~制限の流れ

 

  6.REACH規則の基本と最新動向

  (1)制限対象物質リスト(附属書ⅩⅦ)の更新情報

  (2)SVHC、認可対象物質、制限対象物質の区分

  (3)CLP 規則

 

  7.EU発、これからの化学物質規制の潮流

 

  【ご受講にあたっての注意事項】

  ・本セミナ―では、ビデオ会議ツール「Zoom」を使用します。

  ・カメラは必須です。カメラの付いたデバイス等をご用意ください。

  ・受講時にご利用になる機器やシステムへのトラブルへの対応はいたしかねます。

  ・講師と同業の方など、当協会の判断によりご参加をお断りする場合がございます。 等

  【ご受講にあたっての禁止事項】

  ・配信URLを他の方と共有、SNSなどで公開しないようお願いします。

  ・本セミナーを録画、録音すること、SNSなどへのアップを禁止いたします。 等

 

セミナー検索
他のセミナーを探す