お電話・FAXでのお問い合わせ

  • TEL:06-6251-1138
  • FAX:06-6245-9926
  • MAP
  • メール
  1. ホーム
  2. 研究会・人材育成
  3. コストダウン検討事例で学ぶ 実務ベースの原価計算

研究会・人材育成

コストダウン検討事例で学ぶ 実務ベースの原価計算 ≪対象≫原価の算出に苦手意識を持つ設計・開発担当者

  • セミナー・講習会
  • 経理・財務
  • 平日の開催
  • 新着
  • 2021年2月
開催日 2021年2月10日(水)
開催時間 午前9時45分 ~ 午後4時45分
開催場所 大阪府工業協会 研修室
申込締切日 2021/02/08
会員価格(税込み) 26,400円
非会員価格(税込み) 31,900円

  1.設計・開発者に必要な3つの会計知識

  【1】売上、製造原価、費用と利益の関係

  【2】変動費と固定費、損益分岐点の考え方

 

  2.最低限知っておきたい 原価計算の基本

  【1】人のアワーレートの計算方法

  【2】設備のアワーレートの計算方法

  【3】間接製造費用と販管費の計算方法

  【4】製品原価の計算方法

 

  3.個別原価からみる コストダウンのアプローチ

  【1】材料歩留りの改善

  【2】品質基準の見直しと製品歩留りの改善

  【3】部品の共通化、一体化による部品点数の削減

  【4】段取改善と省人化

  【5】在庫の活用と生産の平準化

  【6】外注の活用と内製化

  【7】間接費用、管理コストの削減

 

  4.具体例で身につける コストダウン効果の計算方法

  【1】材料歩留りの改善とコストダウン額の計算

  【2】公差の見直しによるコストダウン額の計算

  【3】不良率の改善によるコストダウン額の計算

  【4】部品の共通化・一体化によるコストダウン額の試算

  【5】段取時間短縮、省人化によるコストダウン額の計算

  【6】平準化によるコストダウン額の比較

  【7】生産ロット増によるコストダウン額の試算

  【8】コストの下がる外注化とコストが上がる外注化、その金額の比較

  【9】ランニングコスト削減、間接費用削減によるコストダウン額の計算

 

  5.開発費、設備投資の回収計算

  【1】開発費の回収計算

  【2】製品寿命と設備投資の回収計算

  【3】設備投資と外注委託の比較

  【4】<応用編>生産ロット減少の原価への影響を試算する

 

  ※セミナー当日は、電卓をお持ちください

 

セミナー検索
他のセミナーを探す