お電話・FAXでのお問い合わせ

  • TEL:06-6251-1138
  • FAX:06-6245-9926
  • MAP
  • メール
  1. ホーム
  2. 研究会・人材育成
  3. 外観&目視検査の正しい進め方

研究会・人材育成

外観&目視検査の正しい進め方 検査から“あいまいさ”をなくすレベルアップ策を伝授!

  • セミナー・講習会
  • 品質管理
  • 平日の開催
  • 2021年2月
開催日 2021年2月4日(木)
開催時間 午前9時45分 ~ 午後8時45分
開催場所 大阪府工業協会 研修室
申込締切日 2021/02/02
会員価格(税込み) 26,400円
非会員価格(税込み) 31,900円

講義のココがポイント

外観検査の精度向上のための品質基準の設定から徹底までの具体的なやり方について学ぶ

パネル(外観検査員)の適性評価、レベルアップのやり方について学ぶ

 

1.外観検査の問題を明確にする

(1)外観検査の問題点をチェックする

(2)外観検査の問題点を抽出する

(3)検査の目的と不良ゼロの取り組み

 

2.官能・外観検査の問題点と対応策

(1)官能検査の種類と特徴     ~官能検査の難しさはどこにあるか?

(2)官能検査のあいまいさをどうしたら良いか~あいまいさの原因は何か?

(3)外観品質不良への基本的な対応の仕方        ~営業、設計、製造、品質部門の責任と役割

 

3.パネル(外観検査員)の選び方、育て方と管理のポイント

(1)パネルにはどのような人を選ぶべきか ~パネルに不可欠な適性と能力

(2)識別力のあるパネルの選び方 ~どのぐらいの精度で見分けることができるか?

(3)カタヨリとバラツキの少ないパネルの選び方 ~厳しい? 甘い? 判断基準のズレは?

(4)パネルの訓練方法と日常管理        ~常に一定した判定を実施するために

 

4.外観品質基準の決定と周知徹底のやり方

(1)限度見本、標準見本の作り方            ~作り方によって厳しくなったり、甘くなったり・・・

(2)効果的な限度見本作りのための工夫 ~こんな見本が現場で役立つ

(3)評価基準を一致させるための工夫 ~見本はこのようにして使う

(4)限度見本が作れないときはどうすれば良いか

 

5.検査設計(計画)時における外観検査の扱い

(1)まず検査段階をどうするか ~受入段階、中間段階、出荷段階 ・・・

(2)検査項目の選定とウェイト付け ~意味のある項目を選ぶために

(3)検査ロットの構成と検査個数         ~全数、抜取、チェックの区分について

(4)外観検査の標準化のポイント ~判定基準、パネル、作業環境 ・・・などの標準化

 

6.官能検査の結果を数量化して評価する

(1)数量化(順位、評点)する場合の注意すべき点

(2)統計的データ解析のやり方と改善の勘所

 

まとめ >>> 質疑応答と個別相談(希望者のみ)

セミナー検索
他のセミナーを探す