お電話・FAXでのお問い合わせ

  • TEL:06-6251-1138
  • FAX:06-6245-9926
  • MAP
  • メール
  1. ホーム
  2. 研究会・人材育成
  3. 技術者が押さえておくべき鉄鋼材料の基礎知識

研究会・人材育成

技術者が押さえておくべき鉄鋼材料の基礎知識 良い製品をつくるためには材料の知識は必須です

開催終了セミナー
  • セミナー・講習会
  • 技術・開発
  • 平日の開催
  • 2021年2月
開催日 2021年2月8日(月)
開催時間 午前9時45分 ~ 午後4時45分
開催場所 大阪府工業協会 研修室
申込締切日 2021/02/04
会員価格(税込み) 26,400円
非会員価格(税込み) 31,900円
現在申込みはできません

合金や熱処理の技術を使い、様々な特性の鉄鋼材料が用途に合わせ、開発され日々使用されています。そのような鉄鋼材料を適切に選択し、使用していくことは、製品の性能、品質の確保をするうえで重要です。そのためには鉄鋼材料の知識は欠かせません。本セミナーでは、よく使われる鉄鋼材料を中心に取り上げ、不可欠な熱処理の知識も解説します。鉄鋼材料に関する知識を業務に必要な方、今一度体系的に学び直したい方は、是非、ご参加ください。

 

1.金属材料の基礎

1.工業材料の分類               

 2.金属の特徴                                                                                                                                                 

3.金属の代表的な結晶構造

4.線膨張係数の比較

5.線膨張差の緩和対策

6.炭素鋼、ばね鋼、工具鋼、耐熱鋼、ステンレス鋼・・・

 

2.知っておきたい、鉄鋼材料の基礎知識

1.鉄鋼材料の分類                                                                                                                                                                    

2.鉄鋼材料の主要物性値                                                                                                                             

3.鉄と鋼の違い                                                                                                                                           

4.炭素鋼のFe-C系状態図                                  

5.不純物が与える影響                                                                                                                   

6.リムド鋼とキルド鋼の違い

7.炭素鋼の基礎と特徴(S20C, S30C, S45C…)

8.鋳鉄の基礎と特徴

9.合金鋼の基礎と特徴(SCM435, SCr440…)

10.ステンレス鋼の基礎と特徴(SUS304,SUS316…)

11.代表的なばね鋼(SUP6, SUP9, SUP10…)

12.代表的な工具鋼(SKT, SKD, SKH…)

 

3.耐摩耗性・耐食性・高温材料の基礎知識

 ①耐摩耗性について

1.摩耗状態を知る          

2.耐摩耗性に関わる留意事項

3.代表的な耐摩耗材料

 ②耐食性について

1.代表的な耐食材とその分類

2.大気中での腐食

3.淡水での腐食

4.海水での腐食

5.硫酸露点腐食

6.酸・アルカリ液に適用する耐食材

 ③高温材料について

1.高温腐食

2.高温材料に求められる特性

3.ボイラ用耐熱鋼に求められる特性

4.耐食性とクリープ強度             

 

4.鉄鋼材料の熱処理と表面処理の基礎知識

1.熱処理とは

2.なぜ熱処理が必要か

3.焼入れ処理

4.焼きもどし処理

5.焼きなまし処理

6.焼きならし処理                                                                                                      

7.熱処理と表面処理の関係

8.表面処理技術の基礎のきそ

9.表面焼入れのポイント

10.浸炭・浸炭窒化処理のポイント

11.窒化・軟窒化・酸窒化処理のポイント

 

 

現在申込みはできません
セミナー検索
他のセミナーを探す