お電話・FAXでのお問い合わせ

  • TEL:06-6251-1138
  • FAX:06-6245-9926
  • MAP
  • メール
  1. ホーム
  2. 研究会・人材育成
  3. 製造現場で使いこなす QC7つ道具

研究会・人材育成

製造現場で使いこなす QC7つ道具 パソコン要らず!ツールの特徴を理解し、効果的に活用しよう

開催終了セミナー
  • セミナー・講習会
  • 品質管理
  • 平日の開催
  • 2021年3月
開催日 2021年3月5日(金)
開催時間 午前9時45分 ~ 午後4時45分
開催場所 大阪府工業協会 研修室
申込締切日 2021/03/03
会員価格(税込み) 26,400円
非会員価格(税込み) 31,900円
現在申込みはできません

1.QC7つ道具の活用場面 ~種類と適切な使い方を理解する

  〔1〕QC7つ道具の種類を理解する  【参考:新QC7つ道具】

  〔2〕品質改善の目的を理解する(何のため?)

  〔3〕品質改善に取組む手法を理解する(どうやって?)

  〔4〕効果的なQC7つ道具の使い方

  【演習①】仮想の品質課題に対して、どの手法が適切か理解する

 

  2.QC7つ道具を現場で使いこなす① ~品質課題を理解する

  〔1〕品質課題とは何なのか? それによって使う道具が決まる

  〔2〕仮説の立て方(着眼点:偏り?バラつき?傾向?作業ミス?要因?)

  〔3〕仮説に見合ったQC7つ道具を選ぶ

  〔4〕7つの道具を具体的に使ってみる

  【演習②】手書きによる作成演習

 

  3.QC7つ道具を現場で使いこなす② ~現状分析を行う

  〔1〕QC7つ道具から、何をどう読み取るのか?

  〔2〕結果を分析する際の注意点(再現性のある結果か?)

  〔3〕失敗しがちな取り組みの例

  〔4〕QC7つ道具の結果を分析してみる

  【演習③】作成した図表を読み解く

 

  4.QC7つ道具を現場で使いこなす③  ~分析結果をフィードバックする

  〔1〕図表から「結論」を導く(客観的な結論の確認)

  〔2〕仮説と分析結果を評価する(想定した結論と差異があるか?)

  〔3〕追加の分析を検討する(他の道具で検証する)

  〔4〕改善の方向を導き出す

  【演習④】仮説と分析結果の比較、改善の方向性の導出

 

  5.QC7つ道具を現場で使いこなす④  ~明日から実践する方法

  〔1〕図表作成にパソコンは必要か?パソコンを使うメリット、デメリット

  〔2〕「QC7つ道具使いこなしシート」の活用方法

  〔3〕明日から実践するアクションプランを作成する

  【演習⑤】アクションプランの作成

 

現在申込みはできません
セミナー検索
他のセミナーを探す