お電話・FAXでのお問い合わせ

  • TEL:06-6251-1138
  • FAX:06-6245-9926
  • MAP
  • メール
  1. ホーム
  2. 研究会・人材育成
  3. 工程管理 実践研修コース ④工程管理を軸としたコストダウンと収益向上策

研究会・人材育成

工程管理 実践研修コース ④工程管理を軸としたコストダウンと収益向上策 職場ごとの収益管理と工程管理をドッキングして取り組めば確実に儲かる

  • セミナー・講習会
  • 生産管理
  • 現場改善
  • 平日の開催
  • 2021年8月
開催日 2021年8月20日(金)
開催時間 午前9時45分 ~ 午後4時45分
開催場所 大阪府工業協会 研修室
申込締切日 2021/08/18
会員価格(税込み) 26,400円
非会員価格(税込み) 31,900円

  ◆狂いやすい生産計画をいかにコントロールし、流れを促進するか?

  多品種小ロット、受注生産は何かと変動要因が多く生産計画が狂いやすい。

  だから放っておくと成り行き任せになってしまい、現場は混乱し納期は遅れるし、

  後追い作業に追われて改善にまで手が回らない。結局、忙しい割には利益に結びつかない。

  こんな状況から抜出すために、本研修では「工程をどう統制し納期遅れを食い止め、

  流れを促進させるか」を掘り下げて考えます。

 

  いま本当に必要なのは、現実に即したドロ臭い改善です。

  情報システム等に投資をしなくても、足元の管理・運営方法をもっと工夫すれば

  工程進捗や納期管理は大いに改善できるものです。本研修では、

  現場での実践具体例の紹介や事例演習により、多品種小ロット、受注生産における

  工程管理のノウハウを伝授します。実務者のスキルアップにどうぞお役立てください。

 

 

  〔1〕    工程管理はそもそも儲けるためのもの

 

  〔2〕「時間あたりの限界利益」の求め方と向上策

  1.限界利益とは何か

  2.「時間あたりの限界利益」の求め方 .演.習..

  3.「時間あたりの限界利益」を高めるには

 

  〔3〕「損益分岐点売上高図」の基本と実践

  1.「損益分岐点売上高図」の仕組みと見方

  2.「損益分岐点売上高図」を作る .演.習..

  3.損益分岐点を下げる方策と管理の仕方

 

  〔4〕職場単位の損益管理が儲かる体質への第一歩

  1.原価管理と収益管理との違い

  2.職場単位の損益管理とは

 

  〔5〕「職場別損益グラフ」による収益管理

  1.「職場別損益グラフ」の仕組みと見方

  2.具体的な事例と実践ノウハウ

  3.「職場別損益グラフ」の作成手順

 

  〔6〕「時間あたりの限界利益」と小日程計画とのドッキング、実践方法をズバリ指南!

 

 

  《全6回受講》 会員企業の方 145,200円 / 会員以外の方 178,200円

  《個別受講》  会員企業の方    26,400円 / 会員以外の方     31,900円

 

セミナー検索
他のセミナーを探す