お電話・FAXでのお問い合わせ

  • TEL:06-6251-1138
  • FAX:06-6245-9926
  • MAP
  • メール
  1. ホーム
  2. 研究会・人材育成
  3. ヒューマンエラー防止の知恵

研究会・人材育成

ヒューマンエラー防止の知恵 4つの戦略と11の戦術

開催終了セミナー
  • セミナー・講習会
  • 品質管理
  • 現場改善
  • 平日の開催
  • 2021年4月
開催日 2021年4月22日(木)
開催時間 午前9時45分 ~ 午後4時45分
開催場所 大阪府工業協会 研修室
申込締切日 2021/04/20
会員価格(税込み) 26,400円
非会員価格(税込み) 31,900円
現在申込みはできません

1.ヒューマンエラーとポカヨケの関係

1.ヒューマンエラーとは何か?

2.ヒューマンエラーの原因

3.エラーの背後要因を考える

4.結果から見たヒューマンエラーの種類

5.原因から見たヒューマンエラーの種類

6.「ポカヨケ」の“ポカ”とは?

7.「ポカヨケ」の“ヨケ”を実施するには

 

2.製造現場で起こるヒューマンエラーの対策

1.エラーへのアプローチ

2.6つのヒューマンエラーの対策

①  能力的にできないという「無理な相談」の対策         ④取り違い、思い込みなどの「錯誤」の対策

  ②  し忘れなど、記憶の「失念」の対策          ⑤能力、技量が不足している「能力不足」の対策

  ③  すべきことを知らない「知識不足」の対策     ⑥手抜きや怠慢などの「違反」の対策

3.演習 ヒューマンエラーを自身の問題として考える

 

3.ヒューマンエラー防止の知恵 ~4つの戦略と11の戦術~

1.ヒューマンエラー防止対策の考え方

2.ヒューマンエラーの4つの戦略

  戦略❶『エラー発生可能作業を低減』

  戦略❷『当該作業でのエラー確率を低減』

    戦略❸『多重のエラー検出策(いくつかの段階で気づく)』

  戦略❹『エラー発生への備え』

3.11の具体的戦術を使いこなす

(1)エラー発生可能作業を低減

  戦術❶『やめる(なくす)』

(2)当該作業でのエラー確率を低減

  戦術❷『できないようにする』        戦術❻『認知・予測させる』

  戦術❸『わかりやすくする』           戦術❼『安全を優先させる』

  戦術❹『やりやすくする』              戦術❽『能力をもたせる』

  戦術❺『知覚させる』                                                                       

(3)多重のエラー検出策

  戦術❾『自分で気づかせる』           戦術❿『検出する』

(4)エラー発生への備え

  戦術⓫『備える』

4.演習 ヒューマンエラーの具体的事例に対する影響と対策を考える

 

4.事例紹介/まとめ

1.ポカヨケ対策の事例紹介

2.まとめ

現在申込みはできません
セミナー検索
他のセミナーを探す