お電話・FAXでのお問い合わせ

  • TEL:06-6251-1138
  • FAX:06-6245-9926
  • MAP
  • メール
  1. ホーム
  2. 研究会・人材育成
  3. ウェアラブルカメラを使って進める「手元化」の実践

研究会・人材育成

ウェアラブルカメラを使って進める「手元化」の実践 動作のムダをなくす改善手法

開催終了セミナー
  • セミナー・講習会
  • 現場改善
  • 平日の開催
  • 2021年4月
開催日 2021年4月27日(火)
開催時間 午前9時45分 ~ 午後4時45分
開催場所 大阪府工業協会 研修室
申込締切日 2021/04/23
会員価格(税込み) 26,400円
非会員価格(税込み) 31,900円
現在申込みはできません

1.手元化は整理・整頓ができていないと始まらない!

  (1) 要るものしかない職場=キレイな職場・・・本当にできていますか?

  (2) 整理・整頓の基準「再」チェック

 

 

  2.手元化への第一歩! 動作のムダ発見の着眼点

  (1) 基本となる「動作経済の4原則」  

    ・距離を短くする  ・両手を同時に使う  ・動作の数を減らす  ・楽にする

  (2) 手元化で動作のムダをなくすアプローチ

    ・「無理な姿勢をやめ、力を要する動作を減らす」には?

    ・「手待ち」「保持したまま」をなくすには?

    ・「探す」「選ぶ」「持ち帰る」「前置き」「考える」をなくすには?

    ・「つかむ」「組み立てる」を容易にするには?

    ・「腕を動かす距離を減らす」「振り向きの回数を少なくする」には?

    ・「調節の回数」「確認の回数」「方向変更の回数」を減らすには?

 

 

  3.事例に学ぶ『部品・工具の置き方』『治具の工夫』『配膳のやり方』

    ・作業点の高さを適切にする工夫と改善

    ・パーツフィーダー、部品箱、コンテナなどの有効利用

    ・材料や工具はできるだけ近いところに、作業しやすい状態に置く

    ・簡単な作業や力を要する作業には、足を利用する方法も考えよう

    ・材料や部品を取り出しやすい容器を工夫する

    ・できるだけ工具の数を減らす…2つ以上の工具を1つに集約できないか

    ・治具は、締め付けずに位置合わせをしよう

    ・「からくり」を利用したモノの運搬

    ・工具をつかみやすく、取りやすくする工夫   … etc

 

 

  4.手元化改善を現場で展開!ウェアラブルカメラを使った作業訓練マニュアル

  ウェアラブルカメラを使えば、作業者の目線そのままで手元やワークがきちんと映った画像を得

  られます。しかも、解像度が高いため、重要部分を切り出して拡大しても、画像は鮮明なままと

  いったように、良いこと尽くめです。かつては、コンテンツ(作業手順書)の作成に丸1日かかって

  いたものが、1時間程度で作れます。手元化改善を現場で展開する方法として、ウェアラブルカメ

  ラを使った作業訓練マニュアルづくりを実際に体験していただきます。

 

現在申込みはできません
セミナー検索
他のセミナーを探す