お電話・FAXでのお問い合わせ

  • TEL:06-6251-1138
  • FAX:06-6245-9926
  • MAP
  • メール
  1. ホーム
  2. 研究会・人材育成
  3. メーカー・商社営業 必須技術知識 ⑥製造原価と見積、価格交渉のポイント

研究会・人材育成

メーカー・商社営業 必須技術知識 ⑥製造原価と見積、価格交渉のポイント

  • セミナー・講習会
  • 営業・マーケティング
  • 平日の開催
  • 2021年8月
開催日 2021年9月13日(月)
開催時間 午前9時45分~午後4時45分
開催場所 大阪府工業協会 研修室
申込締切日 2021/09/09
会員価格(税込み) 26,400円
非会員価格(税込み) 31,900円

これだけ知っておけば、客先の技術者との対話もスムーズに!

メーカーや工業製品を扱う商社の営業担当者にとって、ものづくりの知識は大変重要です。

さまざまな種類の材料の長所・短所、適した用途は何か、樹脂や金属の部品はどのように加工されるか、原価とコストはどう計算されているかなど、商談においては幅広い技術知識が必要とされます。

今回は、多くの業種で必要とされる普遍的な技術知識6テーマを選定。

文系出身の方にも基礎からわかりやすく解説します。営業シーンでは、商談相手が

技術者という場合も多く、技術用語を知っているだけでもスムーズに対話を進めることができます。

ぜひ、本研修で技術知識の基礎を習得してください。

 

第6回 9月13日(月)『製造原価と見積、価格交渉のポイント』

1.製品コスト(原価)のとらえ方

1)コストに影響を与える要因と営業の判断の重要性

2)製造原価の構成 材料費 / 労務費 / 経費

3)直接製造費用と間接製造費用

4)製品1個に含まれる変動費と固定費

 5)販売費及び一般管理費(意外に大きい販管費)

6)アワーレートから製造原価を計算する

7) 大量生産と多品種少量生産の違い

 

2.値引きが利益に与える影響

1)値引きと利益の関係

2)ロットの減少による利益率への影響を試算

3)定期コストダウンによる利益率への影響を試算

4) 不当な値引きを回避するための下請法の知識

 

3.販売量と利益との関係

1)販売量の増加と利益の関係

2)販売量の増加と設備投資の関係

3)設備投資の回収と設備投資のリスク

4)変動費と固定費を理解して計算する

 

4.イニシャル費用の製品価格への転嫁

1)「開発費」とはそもそも何か

2)新製品開発と開発費の回収のポイント

3)治具・金型費の考え方と回収のポイント

※電卓をご持参ください

 

≪全6テーマ受講の場合≫

会員企業の方 145,200円

会員以外の方 178,200円

セミナー検索
他のセミナーを探す